不器用でもOK!パールシャワーは簡単なのにめちゃくちゃかわいくておすすめ!

パールシャワー ウェディングDIY

インスタをいろいろ見ていたら、急に思い立ちました。

「パールシャワー、私も作ってみたい!」

最近では、フラワーシャワーの代わりとして、「リボンシャワー」バブルシャワー」「コンフェッティ(紙吹雪)」など、いろいろな種類のシャワーがあります。

その中で、今回はとーってもかわいい「パールシャワー」を手作りしてみようと思います!

事前に言っておきますが、私はとても不器用です…。
でもきっとこれならできるだろう!ということで挑戦してみました。

今回はお試し制作ということで、材料は少量分です。
(この材料でレースは18個分ですが、パールが15個入りだったので、作れたのは15個でした)

必要な材料

パールシャワーの材料

  • チュール or レース(今回はレース)
  • パール(8mm)
  • リボン(ピンク色と水色)

今回は全て100均(セリア)で購入しました。
でも、たくさんの量を作るならネットで購入した方が良さそうです。

ちなみに、下の写真はあって超便利だった「透明ゴム」(使い方は後述します)と、リボンの代わりにお花をカットしてつけるのはどうかな?と思って買った造花です。

あると便利な透明ゴムと飾り用のお花

材料選びのポイント

・パールとレース(チュール)は軽めのものを選ぶ
コットンパールかプラスチックパールがおすすめです。
重いとフワッと飛ばずすぐに落ちてしまいます。

とはいっても、軽すぎると全然飛ばない!ということもあるそうです…。
パールとレースをくっつけるだけかと思いきや、意外といろいろ考えなくちゃですね!

今回は、8mmのコットンパールを使用しました。

作り方

1.レースは10センチの正方形、リボンは30センチの長さに切る

レースの大きさは、10センチの正方形が主流らしいです。
今回は初めて作るので、この大きさで作ってみます。

レース(チュール)は10cmx10cmにカットする

リボンは30センチぐらいの長さがいいと思います。
実は最初に20センチぐらいでいけるだろうと思ってやってみたら、ちょっと短かったのです。
後ほどリボン20センチと30センチで、仕上がりを比べた画像がでてくるので見てみてくださいね。

2.パールをレースで包む

パールをレースで包む

これが意外とむずかしいんです!

いや、むずかしくないんだろうけど…

パールが転がって落ちちゃう~!←私だけ?

しかし!コツがわかれば、どおってことありません!!
パールが真ん中にあるのを確認しながら、二つ折りにしてから、全ての角を合わせます。

二つ折りにしてからすべての角を合わせる

3.パールの部分をリボンで結ぶ。

リボンで結びます

や、やりにくい…。
レース部分が動いちゃってうまくリボンが結べない…。

でも大丈夫!!

そんなときに使うのが先程ご紹介した「透明ゴム」です!
これ、ほんと助かった。

透明ゴムで先にパールの部分を結びます。

先に透明ゴムで結ぶと便利

そのあとでリボンを蝶々結びにします。
もうね、ほんと、断然やりやすい!!!

透明ゴム、さいこぉぉぉー!!!
仕上がりを比べてみた写真がこちら↓

仕上がりが違う!

ゴムありの方がキレイにリボンが結べました!

あとね、ちょっと…写真じゃわかりにくいんですが、透明ゴムがないとレース部分が、なんがぐちゃってなっちゃうんですよね。

この写真だともしかしたら「ボリュームでていいじゃん」って思う方もいるかもしれないけど、実際見たらダメダメです!(自信もって言うことじゃないけど)

いやーぜひやってみてほしいです。
ほんと、一気にやりやすくなりました!

そして、リボンの長さで、結構印象が変わります↓

リボンの長さで雰囲気が違う

印象もだけど、結びやすさも全然違いました。
やっぱり、短いと結びにくい!

「短い方がかわいいじゃん」って思う方は、ちょっともったいないけど結んでからカットする方がやりやすくて時間は短縮できるかも。

リボンの端をギザギザにカットするハサミとか使うのもかわいいですよね。
(布用のものは1000円超えちゃうけど、今後子どもグッズとか作るかもしれないなら、1つ持っておいてもよいかも)

ちなみに、最初の方に私が「リボンの代わりにお花をカットしてつけるのはどうかな?」と言っていたの、覚えていますか?

作りましたよ、お花バージョン。

リボンの代わりにお花をつけてみた

うーん。かわいい…?

なんかお花が安っぽく見えるというか…
でもいいやつ買ったら予算跳ね上がっちゃうよ…

という感じでした。

まとめ

パールシャワー完成

いかがでしたか!?ゲストの人数によって、作る個数は変わってきます。
だいたい1人5個も持てば手いっぱいになるので【5×人数分】ぐらいの計算で作ればいいかと思います。

ゲスト60人で300個。多いな…。
1人3個でもいいかな…?←おい

でも慣れたらテレビを見ながらでもできちゃう感じです。

リボンの色や質感によっても雰囲気が変わります!
ぜひドレスや会場のイメージに合わせて選んでみてくださいね。