【結婚式場選び】レストランウェディングのメリットとデメリットは?

会場の種類

レストランウェディングとは?

レストランウェディングとは?

最近よく耳にするようになった「レストランウェディング」。
その名の通り、通常はレストランとして営業しているお店を貸し切って結婚式をするスタイルのことです。

海外挙式をしたあとの1.5次会の会場として選ぶカップルが多いのも特徴です。
会費制ウェディングにする方も多く、おいしい料理やゲストと距離の近いアットホームな雰囲気でゲストをおもてなしすることができて、近年人気が高まっています。

ホテルや専門式場と比べると、演出などの自由度も高いことが多いレストランウェディング。
一体どういうものなのか、詳しくみていきましょう。

レストランウェディングのメリット

料理がおいしい

料理がおいしい

これはレストランウェディング最大のポイントですね。
通常レストランとして営業しているので、料理に関しては特に安心です。

ふたりの好きな料理のジャンルを選べるし、コース内容の相談にものってくれるお店もあります。

また、結婚式を挙げたあとにも、ふたりの特別な場所として、記念日などにまたご飯を食べに来ることができるのもうれしいですね。

アットホームな雰囲気

アットホームな雰囲気

レストランを会場にするので、ホテルなどに比べると少人数向けの会場が多いです。
その分ゲストとの距離が近いアットホームな雰囲気で過ごすことができます。

また、レストランウェディングでは演出の自由度が高いところも多いので、担当者の方と相談しながら、演出を工夫してみるのもおすすめです。

費用を抑えることができる

費用を抑える

専門式場などでは、週末しか稼働していないこともあるので、仕入れのコストパフォーマンスが悪く、料理の金額も高くなりがちです。

反面レストランでは平日も通常営業をしているので、仕入れの無駄が少なくなり、価格も比較的抑えることができます。

また、会場の装飾や引出物などの持ち込み料がかからないお店が多いことも、費用を抑えることができる理由のひとつです。

レストランウェディングのデメリット

結婚式専門の会場ではない

結婚式専用の会場ではない

チャペルがなく移動しなければならなかったり、親族の控室やゲストの待合室がないなど、結婚式のための設備が整っていないこともあります。

他にもトイレの数が少なかったりクロークがない場合もあります。
ゲストの顔を思い浮かべて、どんな設備が必要か、またない場合はどう対応するかなども事前にしっかり確認しておきましょう。

年配の方にはカジュアルすぎるかも

カジュアルすぎる?

アットホームな雰囲気になることが多いレストランウェディング。
ホテルなどでの格式のある結婚式をイメージしている方には、まだあまり馴染みがなく、カジュアルすぎる印象になってしまうかもしれません。

年配の方や親族の反応が気になるようなら、格式を感じられるようなレストランを選んでみるなどして、事前に相談してみるのもよいかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?レストランウェディングは、料理にこだわりたい人や、ゲストとの距離が近いアットホームな雰囲気の結婚式にしたい人、結婚式の費用を抑えたいカップルにおすすめです。

いろんなタイプのレストランがありますので、どんな結婚式にしたいかを想像しながら理想の会場を探してみてくださいね。