意外と知らない、新郎の衣装小物8種類をご紹介します。

ドレス・衣装

こんにちは、ウェディングレシピのまるるです。

結婚式準備では新婦の衣装選びに重点をおきがちですが、実は新郎の衣装もいろいろあるんです!
今回は、そんな新郎の【衣装小物】にはどんなものがあるのか、についてご紹介します。

ちなみに私たちには「結局必要なかったな…」というものもあったので、そんな感想も交えながらお伝えしたいと思います。

ウィングカラーシャツ(タキシード用シャツ)

新郎衣装(ウィングカラーシャツ)

正礼装に合わせるシャツで、襟のデザインがとても特徴的です。
フォーマルなお祝いの場でよく着用されます。
袖はダブルカフスになっており、折り返されて二重になっています。

モーニングコートやタキシードなど、どの衣装にも合わせられます。

参列者として結婚式に出席するときでも着用できるので、自分に合うサイズのものを1枚購入しておいてもよいかと思います。

チーフ

新郎衣装(チーフ)

ジャケットの胸ポケットに挿すポケットチーフです。
白かシルバーがフォーマルな装いですが、他の色でも大丈夫です。
花嫁の衣装の色や、ネクタイ、ブートニアの色などを考慮して選ぶとまとまりが良くなるでしょう。

素材はシルクにするのが一般的です。

グローブ(白手袋)

新郎衣装 グローブ(白手袋)

グローブは、着用するのではなく、手に持ちます。
色は白と決まっており、今後使える場面なんてなさそうで、もったいない気もしますが必ず必要です。

「花嫁を守る」という意味があるようで、バージンロードを歩く際などに手にもちます。
そんなに注目されるものでもないので、主人はAmazonで700円ぐらいのものを購入して使用しました。

カフスボタン

新郎衣装(カフス)

ウィングカラーシャツの袖にはボタンはついておらず、カフスを通すための穴が開いています。

正式には昼は白蝶貝、夜は黒のオニキスとされています。
ただ、袖先からチラッと見えるぐらいで、そんなに目立つ部分でもないので、少し遊び心のあるデザインを選んでも大丈夫です。

新郎衣装(靴)

色は黒色が最もフォーマルな色です。

ただ、近年では結婚式の形も多様化しており、とてもフォーマルな雰囲気からカジュアルな雰囲気まで様々です。
会場の雰囲気やタキシードの色、花嫁のウェディングドレスなどと合わせながら決めてもいいでしょう。

素材は光沢のあるエナメル素材を選ぶのが一般的です。

ネクタイ

新郎衣装(ネクタイ)

タキシードには蝶ネクタイを合わせるのが基本です。
昼の挙式で着用することがあるモーニングコートの場合は、結び下げ(一般的なネクタイの結び方)または、アスコットタイ(横幅の広いタイプ)を選びます。

※衣装の種類はこちらに書いています。

タキシードだけじゃない!新郎衣装4種類をご紹介します。
結婚式の衣装選びはウェディングドレスばかりに気がいきがちですが、新郎だって主役。 実は新郎の衣装も意外と種類があるんです。 今回は、そんな新郎の衣装にはどんなものがあるのかについてご紹介します。 新郎の衣装の種類 結婚式で着用する新...

 

デザインや色は本当にたくさんあります。
色は白色やシルバーがフォーマルとされていますが、会場の雰囲気などに合わせて選んでもOKです。

アームバンド

新郎衣装(アームバンド)

結婚式でよく着用されるウィングカラーシャツは、首回りに合わせてサイズ展開されているので、袖が長めに作られていることが多いです。
そこで、自分の袖丈に合わせて調節するためにアームベルトを使用します。

見えないところなので、こちらもお金をかける必要はありません。
もし袖丈がぴったり!という場合は不要ですね。

サスペンダー

新郎衣装(サスペンダー)

ズボンが落ちてくるのを防ぎます。
衣装をフォーマルに着こなすために、ベルトではなくサスペンダーを着用します。

サスペンダーだとズボンにしわが寄りにくいので、足のラインがすっきりして見えます。

ズボンがぴったりサイズで、ずり落ちてくる心配がないという場合は使わなくても大丈夫かもしれませんが、足のラインがキレイに見えるので着用がおすすめされています。

私たちの場合は、新郎衣装のズボンにアジャスターがついていたのでサイズも問題なく、主人は結局「いらなかったかな~」と言っていました。

まとめ

<必要な小物>
・ウィングカラーシャツ
・チーフ(安いものでOK)
・グローブ(安いものでもOK)
・カフスボタン
・靴
・ネクタイ
<なくてもいいかもしれないもの>
・アームバンド(安いものでOK)
・サスペンダー(安いものでOK)
 
新郎衣装のレンタル料金に、衣装小物の料金が含まれている場合や、セット料金などがある場合もあるので、準備を始める前に確認しておきましょう。
 
わたし
わたし

ちなみに私たちの場合は、シャツは衣装レンタルのところで購入・靴は衣装と一緒にレンタルし、他の小物はAmazonなどで購入しました。

でもあとから考えると、シャツもネットなどで自分たちで探して購入した方が安くできたな…と考えています。
(式場と提携していたドレスショップで、ウィングカラーシャツの購入だけで約1万円でした)
ネットでは小物セットもいろいろとあるようです。
ネクタイやカフスの種類など、お好みに合うものがあればお得だと思います。
 
 
新郎の衣装小物も意外と多いですよね。
これからの小物探しの参考になればうれしいです。