結婚式ゲストでお呼ばれしたら?これだけは知っておきたい結婚式当日のマナー

ゲスト

結婚式に招待されるとうれしい反面、当日の服装やマナー、持ち物など、いろいろと悩む場面もでてきますよね。

今回は結婚式当日に参列したときに、知っておきたいマナーについてご紹介します。

わたし
わたし

新郎新婦が、何日もかけて準備してくれている結婚式。
参列するゲストとしても、失礼のないようにしたいですよね。

余裕をもって会場に着いておく

当たり前かもしれませんが、結婚式で遅刻は厳禁。

会場には余裕をもって、20~30分前に到着しておいた方がよいでしょう。
場所や行き方は事前にしっかりと確認しておくことが大切です。

わたし
わたし

実は私、ちょーギリギリに到着して、本当に焦ってしまったことがあるんです。

大好きな友人の結婚式に向かう途中、道を間違えてしまい、逆方向に15分ほど歩いてしまっていたんです。

え、そんな人いるんだ…。

挙式にはなんとか間に合いましたが、急いで向かって(結局タクシー)着いた頃には汗だく。
もう本当に焦ったし、会場の受付やスタッフの方もハラハラさせてしまいました。

結婚式参列当日に、こんなにギリギリ行動の人はなかなかいないかもしれませんが、当日は何があるかわからないもの。

電車が遅れてしまったり、ストッキングが伝線してしまって履き替えなきゃ!など、多少のトラブルがあっても間に合うように、時間に余裕を持って行動しましょう。

 

早めに会場に着いて、15分前には受付を済ませ、大きな荷物がある場合はクロークに預けておきましょう。

それに会場では、ウェルカムドリンクを用意してくれていたり、ふたりへのメッセージを書くものがあったり、写真が飾ってあったりすることも多いです。

ちなみに私は今では、1時間前には会場周辺に着いて場所を確認し、近くの公園やカフェなどで休憩してから会場に向かうようにしています。(学習の成果…)

受付では

会場に到着したら、まずは受付をします。

お祝いの言葉を伝えて受付をする

受付時には「本日はおめでとうございます」とお祝いの言葉を伝えましょう。
新郎新婦に代わってゲストを迎えてくれる受付の方は、立場としては「招いた側」ということになるんです。

受付は新郎側・新婦側と分かれている場合もありますが、分かれていないときは「新婦友人の〇〇です」と名乗ると親切ですよ。

ご祝儀を渡す

ご祝儀は袱紗(ふくさ)に入れて行きましょう。
袱紗を見られるのはこの一瞬なのですが、袱紗なしのご祝儀袋だけで取り出すのはマナー違反とされています。

それにかばんの中にご祝儀袋をそのまま入れてしまうと、曲がったり汚れたりする可能性もありますよね。
かわいい袱紗がたくさんでているので、ひとつは持っておきましょう。

特にこだわりがない場合は、100均にも袱紗は売っていますよ。

わたし
わたし

主人は100均の袱紗を使用していますが、十分だと言っています。

ご祝儀を渡す際は、向きに気をつけましょう。
受付の方が「表書きが読める向き」で渡すのがマナーです。

芳名帳に記帳する

芳名帳がある場合は、記帳しましょう。
名前と住所を書くスペースがあるものが一般的です。

ただ最近では、芳名帳の代わりにゲストカードやウェディングツリーがある場合もあるので、受付のかたや会場スタッフの方に案内してもらいましょう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@nonzou_weddingがシェアした投稿

↑ウェディングツリー

ご両親へのご挨拶

受付時や披露宴中など、新郎新婦のご両親と挨拶する機会もあるはずです。

まずはお祝いの言葉を伝えましょう。
そして新郎新婦との関係性など、簡潔に話せる話題を考えておくとよいと思います。

初めてご両親にお会いするときは戸惑うかもしれませんが、気負う必要はありません。

たとえば…

「この度はおめでとうございます。〇〇ちゃんの高校の同級生の〇〇です。○○ちゃんとは今でもよく一緒にヨガに行ったりしているんですよー。素敵な結婚式にお招きいただき、ありがとうございます。」

このような感じの内容で大丈夫だと思います。

新郎新婦のご両親は参列者のみなさまに挨拶にまわられるはずなので、長く引き留めることは避けましょう。

テーブルマナー

披露宴ではフルコースの料理が用意されていることが多いですよね。
食べ慣れていないと、たくさん並んだフォークなど、どれを使えばいいのか不安になることもあるかもしれません。

ポイントは3つあります。

1.セッティングされているナイフやフォークは、外側から使う。
2.周りの人と食べるスピードを合わせる。
3.食べ終わったら、フォークとナイフをお皿の上で揃えて置き「食べ終わったという合図」をする。

こちらを意識すれば、特に問題はないかと思います。
ただ挨拶や余興のタイミングでは、食事より挨拶や余興に集中する方がよいでしょう。

お子様ゲスト

お子様と一緒に結婚式に参加される方もいらっしゃると思います。
小さなお子様は、どうしてもタイミング悪くはしゃいでしまったり、泣いてしまったりすることもありますよね。

ある程度でしたら、周囲も和んだりして許されることも多いと思います。

しかしどうしてもタイミングが悪い時や、限度を超えて騒いでしまう場合には、すみやかに会場の外に連れていきましょう。
子連れで参加する保護者としてのマナーです。

事前に、入り口に近い離席しやすい席にしてほしい、など前もって連絡していくとよいかもしれません。

欠席時のマナー

もしやむを得ず欠席する場合はどうすればいいの?

まず会場に連絡し、後日改めて新郎新婦に謝罪。
ご祝儀も渡しましょう。

結婚式当日は、新郎新婦は打ち合わせやリハーサルなどでバタバタしています。
直接連絡するのは避けた方がベター。

まずは会場に連絡するのが良いでしょう。
また一緒に参列する予定の友人がいる場合は、会場に連絡を入れた上で、友人にも連絡をしておくとよいでしょう。

後日改めて新郎新婦に謝罪し、ご祝儀を渡すのがマナー。
結婚式に参列していなくても、新郎新婦は会場に人数分の飲食費を払っています。
もちろん引き出物や引菓子なども用意しているはずです。

どうしても当日行けなかったとしても、お祝いの気持ちとしてはもちろんですが、マナーとしてもご祝儀は渡しましょう。

番外編:私が自分の結婚式で経験した素敵な心遣い

私の結婚式のときに、結婚式が終わってから知ったうれしい出来事がありました。

当日久々にお会いした尊敬する先輩が、結婚祝いのプレゼントを受付時に渡してくださっていたんです。
結婚式が終わってから、お祝いを頂いたと聞き、開けてみるとかわいいペアの箸置きでした。

わたし
わたし

しかもそれがめちゃくちゃ私好みだったんです!

来て頂くだけでも十分うれしいのに、気持ちが伝わるプレゼントを頂いて、本当にうれしかったのを覚えています。

それ以来私も、何かささやかなプレゼントと一言メッセージを書いた紙を準備して、受付時に渡すようにしています。

まとめ

参列する私たちにとってももちろんですが、新郎新婦にとっては特に、人生でかけがえのない、大切な一日になる日です。
なるべく心配や迷惑をかけずにお祝いできるように、マナーも意識しておくと安心です。

服装のマナーについては、下記も参考にしてみてください。

【結婚式】ゲストの服装マナー、それはNGです!~男性編~
結婚式のゲストの服装には、スーツだけではなく小物類や靴まで、実はいろいろと決まりがあるんです。結婚式の服装で「NG」といわれるものをご紹介しますので、ぜひ服装選びの参考にしてくださいね。
【結婚式】ゲストのお呼ばれドレスのマナー、それはNGです!~女性編~
結婚式のゲストの服装には、色や素材、アクセサリーや靴まで、実は様々な決まりがあるんです。結婚式の服装で「NG」といわれるものを理由と一緒にご紹介しますので、ぜひドレス選びの参考にしてくださいね!