【結婚式】ゲストのお呼ばれドレスのマナー、それはNGです!~女性編~

結婚式ゲストのドレス ゲスト

結婚式に招待された!
楽しみだけど、何を着て行こうかな?

結婚式は新郎新婦だけじゃなく、ゲストにとっても特別な日ですよね。
そんな結婚式に着ていくドレスには、「ドレスコードと呼ばれるマナーがあります。

ドレスの色や素材、またアクセサリーや靴まで、実はいろいろと決まりがあるんです。今回は、結婚式の服装で「NG」といわれているものを、理由と一緒にご紹介します。

※男性編はこちら。

【結婚式】ゲストのお呼ばれドレスのマナー、それはNGです!~女性編~
結婚式のゲストの服装には、色や素材、アクセサリーや靴まで、実は様々な決まりがあるんです。結婚式の服装で「NG」といわれるものを理由と一緒にご紹介しますので、ぜひドレス選びの参考にしてくださいね!

ドレスの色:「白っぽく見える」ドレスもNG

白っぽく見えるドレスもNG

結婚式で、「白」は白色は花嫁の色とされています。これは一番有名なマナーかもしれませんが、「白じゃなくても白に見えちゃう色」にも注意が必要です。

たとえば、ベージュやクリーム色、薄いピンク、シルバーなど。

光などにもよりますが、これらの色は写真で見ると、白く見えてしまうことがあるので避けた方が無難です。

もしどうしてもこういった色のドレスを着たい場合は、ボレロなどの羽織物で濃い色を取り入れるなどして調整しましょう。披露宴では着席して過ごす時間が長いので、上半身は特に気をつけた方がいいですね。

逆に「全身真っ黒」というコーディネートも、喪服をイメージしてしまうため避けた方がよいでしょう。黒いドレス自体はマナー違反ではないので、明るい色の羽織物や小物を合わせるのがおすすめです。

ドレスや小物の素材:毛皮・ファーはNG

毛皮やファー素材はNG

毛皮やファー、アニマル柄は「殺生」をイメージさせるため、結婚式での着用は避けましょう。

他にも、披露宴はみんなで食事をする場でもあるため、毛皮の毛やファーが抜けて飛んでしまったり、料理にかかってしまう可能性もあるという点でもよくないと言われています。

ドレスだけではなく、バッグなどの小物にも注意が必要です。

最近では、友人ばかりのカジュアルなパーティーや二次会などでは、おしゃれとして受け入れられる場合もありますが、基本的には避けた方がよいでしょう。

アクセサリー:昼間の結婚式ではキラキラNG

キラキラアクセサリー

せっかくの結婚式だし、華やかなアクセサリーをつけたい!

結婚式では、特別感のある華やかなアクセサリーを身につけたいですよね。でも、昼間の時間帯の結婚式では、キラキラ系の光り物のアクセサリーはNGとされているんです。

光り物のアクセサリーは、写真撮影の際に反射してしまい、写真写りに影響してしまうという理由からです。夜の結婚式ならOKですので、時間帯は要チェックです。

 

王道はパールアクセサリー

王道なのはパールのアクセサリーです。パールのアクセサリーなら、昼夜時間帯を問わずに身につけることができます。ただし、黒色のパールは不祝儀を連想させるため避けましょう。

パールってやっぱり本物じゃないとダメ?

本物のパールじゃなくても大丈夫です。コットンパールなどのイミテーションパールでもOKですよ。様々なデザインがありますが、2連や3連のネックレスは「喜びが重なる」という意味があり、結婚式にはとても向いています。

また、結婚式には不向きのアクセサリーとして、「生花」や「揺れるピアス・イアリング」があります。

生花は花嫁さんとかぶってしまう可能性があるので避けた方がよいとされています。揺れるピアスやイアリングは、「家庭が揺れる」といって縁起が悪いと言われていますが、実際はそこまで気にする人は少ないようです。

かっちりとしたホテルウェディングなのか、カジュアルな結婚式なのかなど、会場の雰囲気や招待ゲストなどに合わせて決めるとよいかもしれません。

足元:黒ストッキングやカラータイツはNG

結婚式では色物のストッキングやタイツは避け、ベージュ系のナチュラルなストッキングを着用しましょう。黒やカラータイツ、柄のタイツなど、カジュアルになってしまうものは特にNGです。

ただ最近では、カジュアルな結婚式だと、ラメ入りのタイツや薄手の黒ストッキングなども大丈夫な場合もあるようです。とはいえ、あまりにキラキラするものはNGです。派手すぎないものを選びましょう。

ちなみにストッキングなしの生足での参列は、夏場だとしてもNGです。

靴:サンダルや革製品はNG

靴はヒールがあるものにしましょう

靴はヒールがあるものにしましょう。足先の見えないタイプのもので、3㎝以上はヒールがある靴がいいですね。足先が見えてしまうサンダルやオープントゥは、カジュアルなイメージになってしまい結婚式には不向きです。

素材は、「エナメル」「シルク」「サテン」などがフォーマルな靴によく使用されています。革製品はヌメ革なら良いとされますが、他のものは避けましょう。

また、アニマル柄も殺生をイメージさせるためNGです。

バッグ:ファーや昼間の光り物、紙袋はNG

NGバッグ

バッグは必要最低限のものを入れた、小さめのタイプが一般的です。それ以外はクロークに預けましょう。

先程もご紹介しましたが、「殺生」を連想するファーやアニマル柄などは基本的にはNGです。

光り物のバッグもアクセサリーと同じ理由で、昼間の結婚式の際は、写真撮影の際に反射してしまう可能性があるので避けましょう。ただ、控えめにポイントとしてついている程度なら大丈夫とされる場合もありますので、会場の雰囲気やゲストの顔ぶれなどを考慮して決めましょう。

 

結婚式ゲストのドレス

いろいろなマナーがありましたが、いかがでしたか?

結婚式はおめでたい席で、みんなの記念に残る大切な日ですよね。マナーを知った上で身につけるものを選びましょう。もし迷ったときは、やめておく方が安心ですよ。