【結婚式】ゲストの服装マナー、それはNGです!~男性編~

結婚式男性ゲストの衣装 ゲスト

結婚式は新郎新婦だけじゃなく、ゲストにとっても特別な日ですよね。そんな結婚式に着ていく服装には、「ドレスコードと呼ばれるマナーがあります。

「スーツを着ておけば、とりあえずまちがいないでしょ!」と思っていませんか?

素材や色、また小物類や靴まで、実はいろいろと決まりがあるんです。今回は、結婚式の服装で「NG」といわれているものを、理由と一緒にご紹介します。

※女性編はこちら。

【結婚式】ゲストのお呼ばれドレスのマナー、それはNGです!~女性編~
結婚式のゲストの服装には、色や素材、アクセサリーや靴まで、実は様々な決まりがあるんです。結婚式の服装で「NG」といわれるものを理由と一緒にご紹介しますので、ぜひドレス選びの参考にしてくださいね!

スーツの色:白に近い色や派手なスーツはNG

結婚式では白いスーツはNGです。女性ゲストには定番のマナーですが、これは男性ゲストも同じなんです。白だけではなく、白っぽく見える色や派手な明るい色なども避けましょう。

ゲストとして参列するときは新郎の衣裳とかぶりそうな色は避け、黒かダークカラーのスーツを選んで、主役の新郎を引き立てられるようにしましょう。

ちなみに、「黒いスーツならブラックスーツ」というわけではないんです。

黒といっても色の深さが違います。次の項目で詳しくみていきましょう。

スーツの種類:ビジネススーツはNG

黒やダークカラーを選べばなんでもOKというわけではありません。結婚式でビジネススーツは避けましょう。

ブラックスーツは「黒色の深さ」が違うんです!礼服の黒色は、ビジネススーツに比べて濃い黒色です。実際に並べて見比べるとよくわかります。

ブラックスーツとビジネススーツの違い
出典:https://www.y-aoyama.jp/

集合写真などで並ぶと色の違いも目立ちやすくなりますので、結婚式ではちゃんとブラックスーツを着用しましょう。

もしどうしても用意できない場合は、ネクタイやチーフなどのフォーマルな小物使いで、ビジネススーツっぽさを薄めてくださいね。

ネクタイの色:黒はNG?

蝶ネクタイ

ネクタイは基本的に「無地」の「白」か「シルバー」を着用します。ただ、最近では派手すぎない柄物(細かめのドットやストライプなど)や淡い色ならOK、ということも増えてきています。また、蝶ネクタイも人気です。

黒色は基本的には避けた方がよいでしょう。海外の結婚式では、黒ネクタイはフォーマルな装いとして認められているので、結婚式で黒ネクタイを締めるゲストはたくさんいます。ただ、日本では黒のネクタイはお葬式を連想させるため、マナー違反とされることが多いです。

しかし、蝶ネクタイとなると話は別です。蝶ネクタイは黒が最もフォーマルなので、黒でもOKとされています。また、カジュアルな結婚式なら、派手すぎない柄ものなどでも大丈夫ですよ。

シャツの種類と色:ボタンダウンや黒はNG

結婚式用のシャツ

結婚式で着用するシャツの色は、「白」か「サックスブルー(淡いブルー)」が良いとされています。無地か、薄く模様が見える程度の柄にしておきましょう。

襟は「レギュラーカラー」か、蝶ネクタイをするならウィングカラーシャツもおすすめです。

襟先をボタンで留める「ボタンダウン」タイプのシャツは、元々スポーツ用に作られたということもあり、カジュアルなイメージなので結婚式では避けた方がよいです。

また、黒シャツもイメージが良くないので避けておきましょう。

最近では、カジュアルな結婚式の場合はチェックやストライプなど、薄めの柄であればOKな場合も増えてきました。

靴下:スニーカーソックスはNG

スニーカーソックス

結婚式の靴下は黒が基本です。無地が一般的ですが、編み方で柄を出す「織り柄」程度なら柄物でも大丈夫です。

スニーカーソックスのように、くるぶしが見えてしまう靴下はNGです。座っても肌が見えないような、足首が隠れる長さのものを選びましょう。

ちなみに、ダークスーツに白靴下は浮いてしまう&マナー違反なのでやめましょう。小さな子供なら白靴下でもOKです。

靴:メダリオンデザインはNG

結婚式 靴

結婚式で履く、フォーマルな靴は革靴です。でも「革靴なら何でも良い」というわけではないんです。

小さな穴が開いた「メダリオン」デザインの靴は、革靴でもカジュアルなので結婚式にはふさわしくありません。プレーンタイプのものを選びましょう。

メダリオンデザインはNG

また、色は黒が基本です。「絶対に黒じゃないとダメ!」というわけではありませんが、特にスピーチを頼まれているなどの場合は、黒にしておいた方が安心です。

カジュアルな結婚式の場合は茶色の革靴であっても問題はありません。ただ、どんなシーンでも対応できるのはやはり「黒」ですので、1足目として選ぶなら黒の革靴が良いでしょう。

ポケットチーフ:白が基本。カジュアルな式なら色物もOK

ポケットチーフ

ポケットチーフは白が基本ですが、最近ではシルバーなどでもOKです。男性のフォーマルウェアには欠かせないアイテムですよね。

カジュアルな結婚式の場合は、色物や柄物のチーフでもOKです。何色がいいか迷ってしまったら、ネクタイと同色のものを選べば上手にまとまります。

昼夜問わずに使用できるシルクがおすすめです。リネン素材のものでもOKですが、昼間の結婚式向けの素材なので、夜の結婚式では避けておきましょう。

折り方はいろいろな種類がありますが、王冠のような形になる「スリーピークス」という折り方が、最もフォーマルで結婚式向きのスタイルとされています。

スリーピークス

いかがでしたか?気をつける点は意外と多いですよね。会場とゲストの雰囲気を考えて選びましょう。迷ったら無難な方を選ぶ方がよいと思います。

当日はしっかりマナーを把握した上で、服装を選んでくださいね。参考になればうれしいです。