結婚式の招待状って何を入れるの?知っておきたい同封物【全員一緒じゃダメ】

ウェディングその他

結婚式の準備が進んできたら、招待するゲストを確定して招待状発送の準備を始めます。
最近では、招待状を手作りするカップルも増えていますが、一体何を同封すればいいのでしょうか?

実は招待状の中身は、ゲストによって変わる部分があるんです。

わたし
わたし

私のときは知っていると思われたのか、プランナーさんはあまり教えてくれなかったような気がします。

招待状はとても大切なものなので、ちゃんと知っておかないと、とても失礼なことになってしまう可能性が!!

招待状を発送する前に、しっかり確認しておきましょう。

全員に送るもの

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

HAPPY LEAF _ 結婚式 招待状 & 席次表さん(@happyleaf_wedding)がシェアした投稿

・招待状本状
・挙式案内状
・返信はがき
・会場案内図

この4つは必須ですね。では、詳しくみていきましょう。

招待状本状

メインですね。

披露宴の開催場所や日時、主催者(新郎新婦や両家両親)からの挨拶などを記載します。
誤字・脱字には十分注意しましょう。

また、縁起が悪いとされる「忌み言葉」を使用していないかも要チェックです。
「おしい中」「わりに」「きる」「重ね重ね」「わざわざ」など。
かなりたくさんありますので、気をつけましょう。

さらに、「、」「。」などの句読点も「終止符を打つ」「終わりを連想させる」ため、NGワードです。

挙式案内状

こちらは、挙式にも参列してほしいゲストの方へ、招待状とは別に同封します。
…が、だいたい挙式にも参加をお願いすると思うので、全員に送るものとして覚えちゃっていいのではないかと思っています。(※個人的見解です。)

いずれにせよ、招待状本状とは別に用意するのが一般的です。
後述する、「付箋」のような形で送ることも多いです。

返信はがき

返信はがきは、手渡しであっても必ず同封します。
慶事用の切手を貼り、受取人(新郎新婦、または両親)の名前を忘れずに記載しましょう。

また、返信はがきの返信期限もしっかり記載しておきます。
郵送する際は、消印が大安の日付になるように、郵便局に持ち込んで送る方が多いですよ。

会場案内図

結婚式の会場までの道順等がわかる地図を同封すると親切です。
会場の最寄り駅からの道順や、駐車場の有無なども記載すると良いでしょう。

会場案内図は、結婚式場に用意してもらえる場合もありますが、有料ということも。
そもそも結婚式場からもらえない場合は、自分たちで用意しなくてはならないこともあります。

また、結婚式場からもらった地図だと簡素すぎる場合は、自分達で目印のシールを貼ったり、書き込んだりして、わかりやすくなるよう工夫しましょう。

一部の人に送るもの

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

PIARYブライダルサロンさん(@piary_diy)がシェアした投稿

これ、絶対忘れちゃいけないやつです。とっても大切。
結婚式当日に、お願いすることがある方に送ります。

よく「付箋を添える」と言われますが、普段使いの文房具の付箋ではなく、このようにこだわって選ぶカップルが多いです。

基本的には、口頭でお願いして承諾してもらった上で、その旨を記載した付箋(お願い状)を同封します。

付箋は同じものを使用する場合が多いですが、文面はもちろんそれぞれ違うので、例をご紹介します。

受付をお願いする場合

文面は簡潔なものが多く、

誠に恐れ入りますが 当日は受付係をお願いしたく 〇時〇分までにお越しくださいますよう お願い申し上げます

という感じでOKです。
句読点は使わずに、スペースを空けて区切ります。

乾杯をお願いする場合

職場の方をゲストに招く場合は、上司にお願いすることが多いかと思います。

誠に恐れ入りますが 当日は乾杯のご発声を賜りたく存じますので よろしくお願い申し上げます

言葉遣いには特に気をつけて、「発声」ではなく「ご発声」などのように記載します。

祝辞をお願いする場合

こちらも目上の人にお願いすることが多いですね。

誠に恐れ入りますが 当日はご祝辞をいただきたく存じますので 何卒よろしくお願い申し上げます

友人スピーチをお願いする場合

誠に恐れ入りますが 当日一言お言葉を賜りますよう よろしくお願い申し上げます

余興をお願いする場合

誠に恐れ入りますが 当日は余興をお願いしたく存じますので よろしくお願い申し上げます
また、もし余興に準備が必要で控室を使用する場合は、その旨も明記するとよいでしょう。

親族紹介のお願いをする場合

誠に恐れ入りますが 当日親族紹介を予定させていただいておりますので ○時○分までにお集りくださいくださいますよう よろしくお願い申し上げます
 

このように、当日何らかのお願いをする場合は、それぞれ付箋を同封します。

口頭でお願いしたあとに、あらためて招待状に付箋を入れることで、「正式に依頼をした」という意味合いがあります。

想像以上にいろいろな種類があるので、入れ間違いには注意しましょう。

あれば尚良いかも?

アレルギー有無を確認する欄

最近では、事前に食物アレルギーの有無を確認する場合が増えています。
返信用はがきに記入欄を設けたり、別で付箋のようなものを用意したりして確認しましょう。

もちろん会場が対応してくれることが前提なので、まずは担当のプランナーさんに食物アレルギーの対応が可能かどうか確認しておきましょう。

会場近隣のカフェなどの情報を載せたリーフレットなど

結婚式は、早めに会場に到着されるゲストも多いです。
早く着きすぎてしまった場合や、披露宴と二次会の間の待ち時間に、ちょっと時間がつぶせるようなカフェなどの案内があると親切です。

大人数でもバッティングしないように、いくつかのお店をピックアップして紹介するとよいでしょう。

封筒は何でもいいの?

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ARCH DAYS Weddingsさん(@archdays_weddings)がシェアした投稿

招待状を入れる封筒は、「洋1号封筒」が一般的です。
また、封筒を閉じる部分が三角になっているものを選びましょう。

招待状に使用する封筒の色ですが、お祝いの場なので、黒やグレーは避けた方が無難です。

宛名や住所が間違っていないかしっかり確認し、慶次用の寿切手を貼って発送します。
発送する際には、郵便局で重さをはかってもらってから切手を購入する方が安心です。

送付前にプランナーさんに確認してもらおう

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

HAPPY LEAF _ 結婚式 招待状 & 席次表さん(@happyleaf_wedding)がシェアした投稿

招待状は送付前に一度、担当のプランナーさんに確認してもらうことをおすすめします。
当日お願いする人に送る付箋はこれで大丈夫か、抜けはないかなども見てもらうと安心です。

もし招待状を自分で制作する際は特に、文面などもチェックしてもらうとよいでしょう。