婚約指輪と結婚指輪の違いって?両方必要なの?

結婚指輪 ウェディングその他

結婚を考えるようになると、指輪のことも気になりますよね。

結婚するにあたってよく聞くのが、「婚約指輪」と「結婚指輪」。
2種類ありますが、どんな違いがあるのでしょうか?
どちらも必要なのでしょうか?

今回は、そんな「婚約指輪」と「結婚指輪」についてご紹介します。

婚約指輪と結婚指輪、どう違うの?

婚約指輪と結婚指輪はどう違うのか、それぞれの特徴をみてみましょう。

婚約指輪の特徴

婚約指輪

婚約指輪は婚約の証として、プロポーズの場面で男性から女性へ贈られます
「これから共に生きる覚悟を表現する」のにもっともふさわしいこととされているんです。

でも大きな買い物だし、「彼女がどんな指輪がいいのかわからない」「一緒に選びたい」という場合は、プロポーズ後に一緒に買いに行くのもOKです。

婚約指輪は華やかなものが多く、ダイヤモンドをあしらった豪華なデザインが主流です。
婚約期間中に身につけますが、結婚後は知人の結婚式やこどもの入学式など、お祝いの場などで身につける機会が多いです。

結婚指輪の特徴

結婚指輪

一方結婚指輪は、結婚の証として日常的にずっと身につけるものなので、一緒に選ぶカップルがほとんどです。
結婚式での指輪の交換に使うのも、この結婚指輪です。

同じデザインのペアリングが一般的で、普段使いしやすいシンプルなデザインが好まれます。
リングの内側に、ふたりの名前や結婚記念日、メッセージなどを刻印するカップルも多いです。

それぞれの指輪の価格の相場はどれくらい?

ゼクシィの2018年度の調査によると、婚約指輪の平均価格は36万5000円 、 結婚指輪の平均価格は2つで24万4000円となっています。

「婚約指輪は給料の3か月分」と言われたのは、もう昔の話のようですね。

それでも指輪1つ分の価格でみると、婚約指輪は結婚指輪の約3倍です。
婚約指輪は、やはりダイヤモンドのある豪華なデザインのものが多いため、価格も高くなる傾向がありますね。

やっぱり婚約指輪も必要?

婚約指輪はつける機会も少ないし、価格も高いし…。
「必要ないんじゃないの?」という声もあるのではないでしょうか?

わたし
わたし

私も「婚約指輪は欲しいけど、これから結婚式や引っ越しもあるし、新婚旅行も行きたいし…お金がかかることがいっぱいだから、婚約指輪はなくてもいいかな」と言ってしまいました。

実は最近では、「婚約指輪は必要ない」というカップルも増えてきているんです。
婚約指輪を買わないカップルは、その分他のものにお金をまわしたり、今後の生活のために節約する、という人たちが多いです。

しかし「婚約指輪をもらってよかった」という意見もたくさんあります。
「つけるたびに、喜びをかみしめられる」「一緒に指輪を選んでいる中で、これから彼を支えていきたい、という気持ちが強まった」など、指輪があると喜びも一層高まりますね。

また、男性側の意見としても「こんなに喜んでくれると、贈ってよかったなと思う」「けじめとしてちゃんとプレゼントしたかったから」など、婚約指輪をあげてよかったという声も多いんです。

うーん…もし彼女に「婚約指輪はいらないよ」と言われたらどうしたらいいんだろう?

すぐに「わかった」と言わないで!彼女は気を遣って我慢している可能性もあります。

むずかしいところですよね。
おすすめは「でも欲しいよね?」と聞いてみることです。

すると、本当は欲しいと思っているなら、「でも…」と遠慮している理由を話してくれるはずです。
本当にいらないのなら、「本当にいらないよ」と言えると思います。

「いらないの?」と聞いてしまうと、「本当は欲しいけど…」とはなかなか言えないので、聞き方はとても大切です。

もしいらない場合は、代わりに花束を贈ったりするのもいいですね。

婚約指輪と結婚指輪の重ねづけも人気

指輪重ねづけ

最近の傾向として、婚約指輪と結婚指輪を重ねづけして楽しむ人が増えています。
普段使いや、ちょっとしたおでかけのときなどに、重ねづけをすると華やかさがプラスされます。
つける機会の少ない婚約指輪も、たくさんつけることができますね。

形やデザインの相性もあるので、実際につけて確認してみるのがおすすめです。
お店では重ねづけ用にセット販売しているものもあるので、いろいろ見てみてくださいね。

また、重ねづけをするときには、まず左手の薬指に結婚指輪をはめて、次にその上から婚約指輪をはめましょう。
結婚指輪の外側から婚約指輪をすることで、結婚の証である結婚指輪をロックするという意味があると言われています。

婚約指輪と結婚指輪では、はっきりと用途がわかれていますが、いろんな使い方・楽しみ方がありますよね。
これからのことも考えながら、ふたりでいろいろと話し合ってみてくださいね。