結婚式のお金っていくらぐらいかかるの?節約するならどこ?

費用・スケジュール

結婚式をしたい!というカップルにとって、「お金」のことはやっぱり気になりますよね。
今回は「結婚式の費用っていくらぐらいかかるのか」についてご紹介します。

わたし
わたし

私たちが節約したポイントと、「こうしたらよかった」と思うことも合わせてご紹介するので、参考になればうれしいです。

結婚式の平均費用はいくら?

結婚式にいくらかかるかは、本当に様々です。
同じような内容でも、地域や日程によっても違ってきたりします。

ゼクシィの調査によると、

全国平均の費用総額は約357.5万円、招待人数は約69.4人。

引用:ゼクシィ 

さらに、首都圏だと372.4万円、関西だと348.8万円となっています。
しかし、30人ぐらいの少人数制の結婚式なら、100万円以下の場合もあります。

何にいくらぐらいお金がかかるの?

見積もりの例を見てみましょう。

結婚式見積もり

参照:結婚STYLE Magazine     

見積もりは式場によっても様々ですが、ざっくりとしたイメージはつくのではないでしょうか。

上記に記載のないもので、私たちの結婚式のときにかかった費用を追記すると、

・ウェルカムドリンク:500円/1人
・ブーケトス用ブーケ:約3,000円(自分たちでキャンディーブーケを用意)
・ケーキカットのナイフの装花:約2,000円
・お色直しのヘアチェンジ:約10,000円
・両親へ贈答用の花束:約16,000円
・ペーパーアイテム一部すり直し:約12,000円(席次変更のため)
・当日撮影のエンドロールムービー:約180,000円

このような出費もありました。

他にも、乾杯をシャンパンにする場合は1人約800円持込料がかかる場合、ドレス1着約50,000円、タキシードが約20,000円が相場です。

節約するにはどうしたらいいの?

貧相な感じにはしたくないけど、ゲストにバレないように節約したい…。
私たちもそうでした。

そこで、私たちが節約したポイントと、こうしておけばもっと節約できたかな、というところをご紹介します!

料理とドリンク

料理

料理はこだわりたかったのでとても悩みました。
しっかりお肉が出て、見た目も華やかでしょぼくならないようなコースにして、確か1人当たり14,000円。

その代わり、フリードリンクは2,000円にランクダウン。
ゲストにビール好きが多いこともあり、申し訳ないですが、ワインや日本酒は選べないプランにしました。

結婚式では、メニューを見てドリンクを選ぶところはあまりないと思います。
ワインが飲めないなど、そこまで気にするゲストはいないかなと思い、悩んだ挙句ランクダウンしました。

ペーパーアイテム

ペーパーアイテム

ペーパーアイテムも何かとお金がかかります。
自作するカップルも多いですよね。
自作しておくと、何か変更があった場合も修正がしやすく安心だなと思います。

私たちのときは、すべて印刷し終わった後に席次について上司からダメ出しを受け、関わりのある人たちの分だけすり直しを依頼し、追加で12,000円ほど費用が発生しました。

わたし
わたし

会社関係者を招く場合は、事前に上司に席次を相談しておくのがおすすめです。

私たちは、当時ペーパーアイテムを自分たちで作る余裕がなかったので、すべて式場のアイテムから選びました。

筆耕が1枚200円だったので、約60人分で12,000円。
せめてそこぐらいはと思い自分で宛名を書きましたが、今思えば筆耕頼めばよかったです。見栄え的に…。

ゲストテーブル装花

ゲストテーブル

メインテーブルは装花の金額を下げると、かなり寂しい感じになってしまうのでそのままにしました。
ゲストテーブルの装花を1テーブル5,000円から3,000円に変更。

後々写真を見ると「ちょっと寂しかったかも」と思います…。
ミラーを下に敷いたり、他のアイテムを混ぜたりすればよかったかなと思います。

たとえば、キャンドルを置いたり、手作りアイテムを混ぜたり、造花を混ぜたりして節約すればかわいくできて、費用も抑えることができますよ。

エンドロール

エンドロール

先述しましたが、エンドロールが約180,000円です。

わたし
わたし

高すぎる…。

エンドロールは当日の撮って出しだとこんなに高いんですね…。
やめようかと思ったのですが、二次会では挙式披露宴に参列していないゲストの方が多かったので、「せっかくだし二次会で流したい!」と思い、お願いしました。

こういう事情がなければ、エンドロールなしか、自分たちで事前に自作したムービーを流すことで節約することができます。

わたし
わたし

結局二次会ではプロジェクターが壊れて、エンドロールムービー流せなかったんですけどね。あれはショックすぎました。

他にも・・・

衣装類をネット通販やメルカリ、ネットオークションなどで入手してかなりの節約になったという話も聞きます。
ウェディングドレスやアクセサリー、新郎衣装や小物などですね。

↓こういうのとか。

また、お色直しですが、和装からドレスへのお色直しは、着付けやヘアセット代がドレスチェンジよりも高くなることが多いのでしっかり確認しておきましょう。

まとめ

まとめ

いかがでしたか?
結婚式準備を進めていくと、気づくと「かなり見積もり上がっちゃってる!!!」ってことになることもあると思います。

「ゲストの方には喜んでもらいたいし、でも金額ももう少し抑えたい…」と、迷うところはたくさんあると思います。

ぜひいろいろ調べて、自分たちの納得のいく結婚式にしてくださいね!